會社概要

COMPANY PROFILE
水晶光電
世界で最大規模の精密光學光電子部品を研究開発すると産業化する基地

浙江水晶光電科技股份有限公司は2002年8月2日に創立されて、2008年9月19日に深圳の取引所で上場された(株コードは220073)會社です。2019年の売上は前年同期比9.12%増の30億元でした;営業利益は前年同期比6.79%増の5億元でした。
水晶光電は「世界一流のハイテク光電企業になる」と企業のビジョンとして、多元化の発展戦略に従い、この十八年間の発展とともに、光學部品や生物識別、薄膜光學パネル、新型表示、反射材料を含まれる五大産業にかかわる研究開発と製造企業になりました。會社には十數社の全額及び持株會社を持っていて、株式會社オプトラン、浙大創投、寧波基石投資、武漢物易雲通、朝歌數碼などの株も持っています。
光學ローパスフィルター(OLPF)とIRカットフィルター及びそのアセンブリ品(IRCF)とバンドパスフィルタ(NBPF)は水晶光電の主な製品として、世界中でも高いシェアを持たれている。そのほか、3Dイメージング関連部品、光學コア部品、拡張現実(AR)部品、半導體用光學部品、マイクロナノ構造の光學部品などはすでに世界有名な消費電子、車用電子、防護カメラ、工業などの産品にも応用さている。光學部品以外に、水晶光電の下にある浙江夜視麗は反射材料領域でも中國國內の技術トップの位置づけになっている。5G技術の普及と応用とともに、光學業界は千年に1度の機會を迎える。水晶光電は「グローバル化、技術型、オープンと協力」の指導方針と「基礎経営、戦略新業務、生態建設」のオーディオテクニカの経営モードで、光學部品、生物識別、AR新型表示、車用電子、半導體光學などの領域に更なる研究開発の力をいれ、スマートフォン、スマートセキュリティ、スマートホーム、スマートカーなどのシーンに世界一流の光學ソリューションを提供し、5Gのリアルシーンの知恵生活に力を貢獻する。

水晶光電 水晶光電

歴史沿革

HISTORICAL EVOLUTION
2000年に光學コーティング技術と光學冷間加工技術の研究開発が始まり、2002年8月2日に正式にCrystal Optoelectronicsが設立され、2006年12月21日までに株主改革を完了し、Zhejiang Crystal Optoelectronics Technology Co.、Ltd.を正式に設立しました。 わずか數年で、クリスタルマンは起業家精神の困難な道を歩んできました。 華南市場から日本市場まで、セキュリティ監視に使用されるOLPF製品から攜帯電話のカメラに使用される赤外線カットフィルター製品まで、Crystal Optoelectronicsは「生きています」。
株式保有制度の改革と株主総會の招集により、同社は資本市場への準備が整いました。 2008年9月19日、Crystal Optoelectronicsが深セン証券取引所に正式に上場され、長年ビジネスを始めた起業家の最初のバッチを上場するという夢を実現しました。 それ以來、Crystal Optoelectronicsは、「同心多様化」戦略的思考のもと、世界のオプトエレクトロニクス産業の急速な発展に伴い、苗木のように成長してきました。
2015年の対外資本市場の狀況は非常に良好でしたが、Crystalの將來の発展を制限する既存のビジネス手法や組織形態の問題の可能性を認識しています。 同社のリーダーシップは、メカニズム改革の開始、アメーバ管理の実施、クリスタル基本法の発行を決定し、クリスタルオプトエレクトロニクスは急速な発展の重要な時期に入り、國際的な発展のペースを加速させました。 2018年末までに、Crystal Optoelectronicsの製品技術は、3Dイメージング、バイオメトリクス、ARバーチャルリアリティ、反射材料の分野に拡大しました。
2019年に、將來の世界のオプトエレクトロニクス產業の発展のための新しい機會をつかむために、クリスタルオプトエレクトロニクスのリーダーシップチームは、2番目のメカニズム改革を開始することを決定し、新しい「5+3」戦略的開発計畫を確立しました。クリスタルオプトエレクトロニクスは、「基本運用、戦略的新規事業、エコロジカル構筑」という鉄の三角形モデルを堅持し、「國際化、テクノロジー、オープンコラボレーション」の3つの焦點をしっかりと把握し、5Gテクノロジートレンドに基づいて2番目の將來の開発を構筑しますカーブ。
水晶光電
2000
浙江水晶電子集団は杭州で浙大水晶光電有限公司を創立した
水晶光電
2000
浙江水晶電子集団は寧波で寧波経済技術開発區光電分社を創立した
水晶光電
2002
星星集団と水晶集団は臺州で光電技術提攜プロジェクトの契約を結んだ
水晶光電
2003
総経理林敏とコダックと商談した
水晶光電
2003
2003年7月16日、コダックは水晶光電を訪問した
水晶光電
2004
2004年2月26日、総経理林敏はソニーを訪問した
水晶光電
2004
2004年8月3日、星星電子産業園內で新しい工場の起工式を行われた
水晶光電
2004
2004年、ソニーのサプライヤーになれるため、竹村先生を顧問として雇って指導を行った
水晶光電
2005
2005年、星星電子産業園內の工場に搬入した
水晶光電
2005
2005年、コダックの<優秀サプライヤー>になった
水晶光電
2006
2006年、ソニーの<優秀サプライヤー>になった
水晶光電
2006
2006年11月3日、戦略的な投資を導入するための調印式を行われた
水晶光電
2006
2006年12月21日、株主全員が記念寫真を撮った
水晶光電
2008
2008年9月19日、深圳取引所で水晶光電の上場したの鐘を撞く儀式を開いた
水晶光電
2009
2009年5月7日、浙江杭州で杭州晶景光電有限公司の始業式を行われた
水晶光電
2010
2010年7月27日、浙江臺州で水晶光電が臺佳電子の株主になるの調印式を行われた
水晶光電
2010
2010年10月25日、年産量360萬枚のハイライトLED用サファイア基盤のプロジェクトを投資し、サファイア業務に力を入れた。
水晶光電
2011
2011年7月19日、江西鷹潭で江西水晶光電プロジェクトの契約式と企業式を行われた
水晶光電
2012
2012年8月2日、臺州椒江劇場で會社十周年の宴會を開けた
水晶光電
2013
2013年11月3日、浜海工場の第一段階の工程が起工した。四年の建設を経て2017年で生産に投入した
水晶光電
2014
2014年11月18日、日本東京で水晶光電が株式會社オプトランの株主になる調印式を行われた
水晶光電
2015
2015年8月2日、社內の創業プラットフォームの立ち上げ大會で、攜帯部品事業部チームは臺に上がって宣誓した
水晶光電
2015
2015年度年末會議で、董事長林敏が重要講話を発表した
水晶光電
2016
2016年12月26日、年度仕事會議で『晶彩』企業文化マニュアルと『基本法』マニュアルを発表した
水晶光電
2017
美國當地時間2017年5月30日下午3點(北京時間5月31日上午7點),水晶光電科技(加州)有限公司在加利福尼亞的辦公場所舉行揭牌儀式
水晶光電
2017
2017年8月2日、會社の十周年の祝典を開催した
水晶光電
2017
2017年8月2日、光電産業園の水晶光電浜海工場が正式に生産した
水晶光電
2017
2017年8月2日、水晶光電と株式會社オプトランは戦略提攜プロジェクの調印式を開催して、合弁會社浙江晶馳光電有限公司を創立した
水晶光電
2017
2017年10月12日、水晶光電ジャパンを創立し、東京第一ホテルで盛大な披露宴を行われた
水晶光電
2017
2017年12月20日、株が持っている株式會社オプトランは東京取引所で上場取引した
水晶光電
2018
2018年3月7日、水晶光電、臺佳電子とショット光學は浙江晶特光學科技有限公司という合弁會社を創立し、水晶光電総合樓博學廳で調印式を開催された
水晶光電
2019
2019年6月6日、シンガポールでシンガポール事務所の始業式を開催した
水晶光電
2019
2019年10月29日、子會社椒江夜視麗は1500萬平方メートルの反射材料のプロジェクトの始業式を行われた
水晶光電
2019
2019年12月18日、水晶光電杭州管理総部、杭州支社は和合大廈で引越し式を開催した
水晶光電
2019
2019年12月19日から20日まで、クリスタルオプトエレクトロニクス2020年次作業會議が浙江省天臺ホテルで開催されました
水晶光電
水晶光電

実力水晶

ENTERPRISE STRENGTH
  • 3
    連続3年「中國電子材料業界トップ五十の企業」を獲得した
  • 12項目
    省級栄譽
  • 2
    連続2年「省級企業研究院」を獲得した
  • 4項目
    國家級栄譽
  • 9
    連続9年「浙江省入出ブランド」を獲得した
  • 4項目
    業界栄譽
  • 23項目
    省級のプロジェクトを引き受けた
  • 9
    承接國家級項目 國家級のプロジェクトを引き受けた
水晶光電

企業名譽

CORPORATE HONOR
2019
2018
2017
2016
  • 2019
    水晶光電
    2019年電子材料行業協會50強(第三屆)
  • 2018
    水晶光電
    浙江省水晶光電企業研究院
    浙江出口名牌證書
    椒江區政府質量獎
    高企證書2018年重新認定
  • 2017
    水晶光電
    2017年獲得全國制造業單項冠軍
    創新型引領企業
    2017年電子材料行業協會50強(第二屆)
    50家成長性特色企業
  • 2016
    水晶光電
    市科技進步三等獎2016-藍玻璃濾光片
    2016年度浙江省優秀工業新產品新技術三等獎證書
    2016年度臺州名牌產品

ガイドライン

GUIDELINE
グローバリゼーション 技術型 オープン協力
グローバルな視點とパターンで、研究開発とイノベーション、市場開発、製品開発、リソース統合、組織構築、チーム構築を推進します。
豊かな研究開発力」を主張し、関連産業の新たなチャンスを見つけ、製造會社から技術會社への転換を努める。
スマートライフの5Gフルシナリオ光ソリューションを中心に、市場、技術、人材など、さまざまな側面でオープンな連攜をグローバルに展開し、雙方にメリットのある狀況を実現していきます。
水晶光電
  • 中華大區
    中華大區
    浙江臺州
    浙江水晶光電科技股份有限公司(總部)
    江西鷹潭
    江西水晶光電有限公司
    中國北京
    北京朝歌數碼科技股份有限公司
    中國香港
    水晶光電科技(香港)有限公司
    湖北武漢
    武漢物易云通網絡科技有限公司
    江蘇蘇州
    蘇州京浜光電科技股份有限公司
    浙江杭州
    浙江晶景光電有限公司
    浙江杭州
    浙江晶途科技有限公司
    浙江杭州
    浙江浙大聯合創新投資管理合伙企業
    浙江杭州
    杭州創悅邁格投資管理合伙企業
    浙江杭州
    杭州好奇號股權投資合伙企業(有限合伙)
    浙江臺州
    浙江夜視麗反光材料有限公司
    浙江臺州
    浙江晶特光學科技有限公司
    浙江臺州
    臺州方遠反光材料有限公司
    浙江臺州
    浙江晶馳光電科技有限公司
    浙江臺州
    浙江臺佳電子信息科技有限公司
    浙江臺州
    浙江晶朗光電科技有限公司
    浙江寧波
    寧波聯創基石投資合伙企業
    浙江寧波
    寧波梅山保稅港區聯礪武徹投資管理合伙企業(有限合伙)
    浙江杭州
    浙江水晶光電科技股份有限公司杭州分公司
    廣東深圳
    浙江水晶光電科技股份有限公司深圳分公司
  • 泛亞太大區
    泛亞太大區
    新加坡
    新加坡辦事處
    日本東京
    水晶光電株式會社
    日本東京
    株式會社光馳
    以色列
    LUMUS LTD.
  • 歐美大區
    歐美大區
    美國加州
    水晶光電科技(加州)有限公司
中央研究院
中央研究院は水晶光電(Crystal-Optech)の開発本部であり、2017年に成立した。元フィルム研究所、自動化研究所、杭州事務室での研究開発人材を整えたものであり、現在快速発展している。中央研究院は「技術協同に基づき、自らのクリエイティブ性を強化し、技術面で優位性を立つ」という発展戦略に従い、水晶光電の技術革新と知識共有のスディージとして、新製品、新技術、新工蕓の研究開発の責任を負い、光學部品、生物識別、光學フィルムパネル、AR新型表示、車用電子などの領域での製品開発を著目している。現在、中央研究院は中國杭州、臺州、深センにそれぞれ研究開発センターを設立し、海外進出も進んでいる。光學デザイン、ソフトウェアシステム開発、構造化プログラミング、ハードウェア開発などの研究職能も整えた。そのなか、【フィルム研究所は】、中央研究院は會社の「學習、成長、感恩、共有」というコア価値観を引き続き受け取り、創新技術コアコンピテンシーを確保し、世界一流レベルのハイテクノロジー光電研究開発センターになるのを目指し、努力しつつある。
研究開発システム コア技術 先進的な研究開発及び試作用検査、測定設備 技術的な成果
水晶光電
  • 深セン研究開発センター
    ?ハードウェアおよびモジュールの開発
    杭州R&Dセンター
    ?光學およびシステム開発
    臺州研究開発センター
    ?光電子部品の開発
    オートメーション研究所
    薄膜研究所
    マイクロナノ研究所
  • ソフトウェアアルゴリズム自動化技術
    畫像分析および処理アルゴリズム
    表面欠陥検出および分類システム
    光學モジュールソフトウェアシステム
    自動化機器の設計開発技術
    光學加工工蕓技術
    精密光學フィルムプロセス
    精密光學研磨プロセス
    精密切斷プロセス
    精密印刷プロセス
    精密モジュールのパッケージングプロセス
    半導體光學技術
    マイクロナノ光學設計技術
    ナノインプリント
    ナノスケールのドライエッチング技術
    光學およびシステム設計技術
    膜設計技術
    光エンジン設計技術
    光學表示システム設計技術
    3D光學設計技術
    光學イメージング設計技術
  • 先進的な研究開発及び試作用検査、測定設備
    製造および検測裝置
    doe / diff光學テスター器
    KrF露光裝置(0.18um)
    SEM
    SI / SiO2ドライエッチング裝置(89°)
    共焦點顕微鏡
    グレースケールレーザー直接描畫裝置
    スパッタコーティング機
    ナノインプリント/露光裝置
    塗布現像機
    自研設備
    方片缺陷檢測系統
    機器人倒邊機
    圓片倒邊機
  • 水晶光電
    213個
    213個の認定特許
    水晶光電
    15シ
    15シリーズ製品
    水晶光電
    15個
    系列產品
    水晶光電
    55個
    55個の省レベル製品
    水晶光電
    44項
    44項の國際先進技術または國際先進技術レベル
    水晶光電
    10個以上の製品は
    10個以上の製品は國內のギャップを埋めている
水晶光電

戦略計畫

STRATEGIC PLANNING
スマートフォンは一つの入り口として、他の八つのシーンとのリンクで、且つ、loT関連部品とのコンビで知恵生活を構築し、より良い生活體験をもたらす。水晶光電はスマートフォン、防犯カメラ、スマートホーム、スマートカーなどのシーンに、光學部品と光學モジュールを含めて世界一流の光學ソリューションを提供し、5Gのリアルシーンの知恵生活に力を貢獻する。
  • 水晶光電
    戦略目標

     ●イメージング、センサー、ディスプレイ領域にそれぞれの光學部品と技術ソリューション案を提供できるサプライヤーになる。
     「製造型企業」から「技術型企業」に転換する 

水晶光電